fxで勝ちたい人のためのお役立ち情報館

fxで勝ちたい人のためのお役立ち情報館

fxは、とても難しい金融商品です。

 

しかし、その難しさと比例して教えるスキルや勉強の仕方、
マスター法などで画期的なものはなかなか知られていません。

 

そのため、どうやったらfxで勝てるのか?

 

悩んでいる人が多いようです。

 

そこで、このサイトでは、そのような人のために、

 

「fxで勝つため」に徹底してこだわった情報

 

をお届けしていきたいと思います。

 

 

 

最新の情報についても、実証や裏が取れたものについては、
適宜追加していきますので、どうぞお楽しみに。

 

さて、fxの口座を開設するとその取引会社のホームページや
会員サイト上には、さまざまなコンテンツが掲載されていると思います。

 

例えば、専門用語とかが良く解説されています。

 

fxでは、株や先物と違い、買う注文や売る注文の呼び名が違ったり、
決済や利食いの注文方法も自由度が高く損切り注文を入れつつも
利食いの注文もすることができるなど、少し特殊なものです。

 

 

その中でも最も他の金融商品と違うのは、取引時間でしょうね。

 

普通、株や金・原油などの取引は、CFDなどのような特殊なものでない限り、
日本の金融取引所がオープンしている時間だけの取引になります。

 

 

その一方で、fxは、各国の通貨を取引し合うため、日本の市場だけに関係なく、
中国、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなど各国の市場が途切れなく開くため、
平日ならば24時間取引がされています。

 

 

週明けの月曜日の取引開始時間は、一番早いfx会社でも6時とかになります。

 

それから1週間もの間、途切れなくレート・チャートは動き続け、
活発に取引され、金曜日の深夜、土曜の朝5.6時に外国為替取引は終了します。

 

 

このように、基本的には平日の24時間取引できる珍しい金融商品だと言えます。

 

しかし、24時間と言っても、実は活発に為替取引がされている時間帯もあれば、
閑散としていてろくに取引できないときもあります。その時間は、日本時間で言いますと、
日本時間の5.6時などの早朝や12時などの昼近くなどはよく取引が少なくなる傾向があります。

 

 

方向感も出にくいため、値幅も小さくなり、トレードがしにくい時間帯なんですね。
その一方でヨーロッパ時間やアメリカ時間は、取引量が増え、活発なため、
fx取引に向いているとされています。このようなちょっとした知識でさえも知っていれば、
上手くトレードできるように立ち回れるものです。

 

今、ここであげた話はfx上達のためのホンのさわりですから、
これから本格的に勝つための情報を掲載していきます。