fxで勝ちたい人のためのお役立ち情報館

fxで勝ちたい人のためのお役立ち情報館

fxは、とても難しい金融商品です。

 

しかし、その難しさと比例して教えるスキルや勉強の仕方、
マスター法などで画期的なものはなかなか知られていません。

 

そのため、どうやったらfxで勝てるのか?

 

悩んでいる人が多いようです。

 

そこで、このサイトでは、そのような人のために、

 

「fxで勝つため」に徹底してこだわった情報

 

をお届けしていきたいと思います。

 

 

 

最新の情報についても、実証や裏が取れたものについては、
適宜追加していきますので、どうぞお楽しみに。

 

さて、fxの口座を開設するとその取引会社のホームページや
会員サイト上には、さまざまなコンテンツが掲載されていると思います。

 

例えば、専門用語とかが良く解説されています。

 

fxでは、株や先物と違い、買う注文や売る注文の呼び名が違ったり、
決済や利食いの注文方法も自由度が高く損切り注文を入れつつも
利食いの注文もすることができるなど、少し特殊なものです。

 

 

その中でも最も他の金融商品と違うのは、取引時間でしょうね。

 

普通、株や金・原油などの取引は、CFDなどのような特殊なものでない限り、
日本の金融取引所がオープンしている時間だけの取引になります。

 

 

その一方で、fxは、各国の通貨を取引し合うため、日本の市場だけに関係なく、
中国、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなど各国の市場が途切れなく開くため、
平日ならば24時間取引がされています。

 

 

週明けの月曜日の取引開始時間は、一番早いfx会社でも6時とかになります。

 

それから1週間もの間、途切れなくレート・チャートは動き続け、
活発に取引され、金曜日の深夜、土曜の朝5.6時に外国為替取引は終了します。

 

 

このように、基本的には平日の24時間取引できる珍しい金融商品だと言えます。

 

しかし、24時間と言っても、実は活発に為替取引がされている時間帯もあれば、
閑散としていてろくに取引できないときもあります。その時間は、日本時間で言いますと、
日本時間の5.6時などの早朝や12時などの昼近くなどはよく取引が少なくなる傾向があります。

 

 

方向感も出にくいため、値幅も小さくなり、トレードがしにくい時間帯なんですね。
その一方でヨーロッパ時間やアメリカ時間は、取引量が増え、活発なため、
fx取引に向いているとされています。このようなちょっとした知識でさえも知っていれば、
上手くトレードできるように立ち回れるものです。

 

今、ここであげた話はfx上達のためのホンのさわりですから、
これから本格的に勝つための情報を掲載していきます。

 

既にFX口座開設が済んでるのであれば読み進めてください。

 

 

 

経験もスキルもなしでFXやれるか?

 

fxは、少額資金から始められるため、
参入障壁の引くい投資商品です。

 

しかし、一般的に参入障壁の引くいものほど実はそこで生き残り、
席を確保していくことが難しく、参入障壁が高く、
誰でもお手軽に参入できないものほど参入すれば簡単に生き残っていけるものなのです。

 

 

fx取引は、完全に前者ですね。そのため、毎年多くの人が夢を抱いて
、一発当てよう!少しでも毎月の収入の足しになれば、
と思い始める人が多いのです。

 

 

 

しかし、現実は、その中の95%もの人は、
初めて3年以内にfxをやめてしまうのだそうですよ

 

。もったいないですよね。

 

 

知識もたくさん必要ですね、トレンドやfxスプレッドなどの専門用語、さらには投資スタイルなどせっかく初めて、少なくとも勉強もしただろうし、
お金もある程度は費やしたことでしょう。

 

さらには、勉強のため、fx取引のために遊ぶのを我慢してまで
練習したりしたこともある人もいるでしょう。

 

 

それでも途中で挫折してしまう人が多いのは、
それほどまでに一筋縄に稼げないからです。

 

しかし、本当に難しいのでしょうか?

 

 

それは、私個人的な視点から言わせてもらうと、実は難しくありません。

 

 

では、なぜ難しく感じて上手く出来ない人もいるのか?

 

と言いますと、実は、上手くやるやり方や成功するため
にどうすれば良いのかを知らないから、成功しないのだと思います。

 

 

例えば、子供が将来東京大学に入りたい。

 

と思っているとすれば、確実に勉強をしなければならないし、

 

まず大学に受かるための知識をつけなければなりません。

 

 

それに、大学それぞれの出題傾向や難易度も違うため、
赤本と呼ばれれる。その大学を目指す人専用の問題集などもあり、

 

入りたい大学に受かるためにだけに集中した勉強をすることが
大学受験では最も有利だとされています。

 

もちろん、そこにいたるまでの間に、まずは、
有名進学高校に席をおいておく必要もあります。

 

 

そうしなければ、学習するための最低限の環境も整えることができません。

 

 

高校の普通科と進学校と呼ばれる普通科でも
勉強のカリキュラムが全く違いますからね。

 

さらに極端な例を挙げれば、商業科や工業科といった専門に
用意されている高校の場合は、大学受験のための勉強ではなく、

 

その専門分野で役立つ就職するための勉強になるので、
受験するには不利になります。

 

 

そのため、実は高校、中学受験のときから、
ある程度進学するかどうか?
またどの程度の進学が可能かが決まってしまう可能性も高いです。

 

このように、最終目標を達成するためには、
かなり綿密に時間軸を見据えながら計画していく必要があります。

 

fxでも同じように、勝てるためには、きちんとどうすれば勝てるようになるか?
計画的な勉強法が必要です。

 

 

自動売買システムについて

実は、知識や経験が乏しい人がすぐにできるだけ可能なだけ早く勝てるようになるには、
収入を得るためには、自動売買が手っ取り早いかもしれません。

 

なぜなら、fx自動売買とは、トレードの経験も知識も必要なく、
ただ運用者がどんなシステムが存在して、
どのシステムトレードを採用して運用するかを決めるだけで、
即日に運用を開始することができるからです。

 

 

自動売買を行なうには、それ専用のシステムを動かすための設定を行なっておく
サーバーを準備しておく必要があります。

 

最近では、そのようなサーバーごとfx会社が準備しておいてくれたり、
また、fx運用をする人のためだけにサービスを提供しているサーバー会社があり、

 

そういうところであれば、どうやってサーバーを利用すればよいか?

 

丁寧に教えてくれるところもあります。

 

 

そのため、以前よりは格段に簡単に自動売買を始めることができるものなのですが、
そのような条件をクリアできたとしても、ちゃんと上手く運用できるかどうか?
心配でなかなか運用に踏み出せない、サービスを利用できない。

 

という声もあります。そこで、どのようにして自動売買サービスを選べばよいか?

 

また、自分の希望と合ったシステムの探し方などについて説明したいと思います。

 

 

実は、今、自動売買で一番人気が高いのは、
fx会社が提供しているサービスで、
サーバーを準備する必要も設定もほとんど必要のない。
選ぶだけで、しかも口座開設をすると無料で使える自動売買システムです。

 

 

なぜ、そんなにおいしい話なのか?

 

というと、fx会社も20社とか日本国内でも競争が激しいため、
顧客サービスが熾烈だからです。そこで、fxをやりたい。
という顧客のニーズに答えるだけでなく、さまざまな要望にこたえられるように、

 

プログラミングの知識がなくってもシステム運用できる。

 

サーバーを借りなくっても自動売買できるように、

 

ここ数年でサービスを提供しはじめているのです。

 

 

 

fx会社のサーバーを利用するわけですから、サーバーの安定性については、
そのfx会社の安定性ではかれますし、問題はないでしょう。

 

このようなサービスを利用するときに見る視点は、
そこで使えるシステムトレードのそれぞれの運用の特徴を知ることです。

 

当然、たくさんの種類のシステムトレードが用意されているわけですが、
スイング、デイトレード、スキャルピングとどんな時間枠によって運用するのか?

 

とか、逆張りなのか、順張りなのか、増玉なども行なうのか?
と言ったようなそれぞれのトレードルールを把握することで、
自分にピッタリなシステムが見つかります。

 

 

 

 

裁量トレードで勝ちたい

fxの裁量トレードと聞くと、とてもプロちっくでカッコいいひびきです。

 

しかも、どちらかと言うと、日本人のほとんどが相場師やトレーダーをイメージするときは、
この裁量トレードとセットで思い出すことが多いようです。

 

例えば、漫画などでマージャンなどのギャンブルものを描くときに、
主人公がかなり追い詰められて切羽詰ったときに、
そのときの直感で良い手を閃き、最終的には大逆転で勝ちを収めた。

 

とかそういうものを見たことがないでしょうか?

 

私が個人的に好きな漫画である、
カイジというギャンブルものがあるのですが、

 

 

 

この主人公は、まるでダメな人間の代表とも言えるような人物で、
いつも窮地に立たされるのですが、勝負どきの最中に突然、
胸がざわつき、それと同時に頭が冷静になり、
とてつもない大逆転の可能性を閃く。

 

 

というのが毎度のお話のパターンになっています。

 

日頃からこのように、人が窮地に陥ったり、
取引やギャンブルをしている最中に突然、直感が沸き起こって、
結果的にかなりの大成功を収める。

 

 

という話は、読み手にとってはスト−リーとしてとても気持ちのよいものですし
、読者受けも良いです。

 

 

しかし、そういう劇的な直感がすごい。
という話を何度も見るうちに、それがあればいろんな勝負事は勝てる。
と思い込んでしまう危険があります。

 

 

fxトレードで裁量トレードをしている投資家は、
確かにそのような勘を大切にしていることでしょう。

 

しかし、実際にスピー重視のスキャルピングなどのトレードしているときのプロトレーダーの直感は、
まさに経験と実績、知識に裏付けられたかなり確証や
勝算のある打算的な直感とも言えるものなのです。

 

 

そのため、普通の人がイメージしている。何も根拠はないけど、
スピリチュアルな感じや目に見えない力によって導かれているような勘ではないんですね。

 

 

本当に裁量トレードをしているプロトレーダーというのは、
この過去のトレード経験、勉強、知識から単に呼び覚まされただけの
ものが勘に過ぎない。ということを重々承知してます。

 

 

だからこそ、そういうときの勘は良く当たるのです。

 

一方、素人や初心者の勘というのは、
知識、経験、実績すべてにおいて無知か不十分なため、
そうであって欲しい。とか自分の考えに過ぎないため、
本当にただの当てずっぽうであることが多いのです。

 

ギャンブルにおいて、この当てずっぽうと本当の勘は違いがわかる人がいないため、
運任せによるトレードをしてしまい、裁量トレードが上達しない原因です。

 

 

裁量トレードには、それなりの知識と経験を重ねる必要があります。